賃貸物件の運用に効果的|投資マンションを売却する3つの方法|効果的な不動産投資
男女

投資マンションを売却する3つの方法|効果的な不動産投資

賃貸物件の運用に効果的

内装

アパート経営やマンション経営を続けているが、思うように入居者が入ってこないというパターンもあることでしょう。また、本業とは別で上記のような不動産ファイナンスを営んでいる場合、時間と労力を注力できない場合も多々です。そうなってくると保有している不動産物件の固定資産税や管理費だけがかさんでしまい、損益としてはマイナスになってしまう残念なパターンもあります。そのような損を出さずに安定した収益を確保できる有益な手段が、サブリースなのです。通常の賃貸物件経営では、不動産の家主と部屋を借りる入居者が直越契約を結び、毎月決められた賃料を支払う形態となっています。しかし、サブリースでは、不動産物件の家主とサブリース会社が先に契約を結び、入居者の有無に関わらず、サブリース会社から家主へと賃料が支払われる形態になっているのです。
通常の賃貸契約と比較すると、家主に入る賃料は下がりますが、収益が安定してくるため入居者が集まらない賃貸物件には有効的な手段の1つともいえるのです。サブリース会社は入居者との手続きや、家賃の回収業務なども一貫して対応してくれるので、賃貸物件の運営に掛かる労力を考えれば、プラス的な要素が強いといえるでしょう。また、不動産物件経営の収入を安定化させることができるので、毎年3月に実施される確定申告も簡易化することが可能となるのです。このようにサブリース契約は賃貸物件を持つ人にとってメリットの大きい運用方法の1つとなっているのです。