住宅模型

投資マンションを売却する3つの方法|効果的な不動産投資

小さなビジネスから開始

マンション

不動産ファイナンスの形としてマンション経営とアパート経営が存在しますが、両者は投資スケールが違うので注意が必要です。このようなサイドビジネスに参入する場合は投資額の小さい方から始めていくと良いでしょう。

もっと読む

不労所得で収益確保

お金

不動産のファイナンスで収益を上げようと考えている人が、思うように利益を出すことできずに投資マンションを売却するというケースはよくあることでしょう。不動産物件というものは車などと同じぐらい高い買い物であるため、できるだけ高い価格で売却したいと考える人が多いのも事実です。ですが、投資マンションの売却は正しい知識を持っていないと安く買い叩かれてしまうというリスクもあります。そのようなリスクを避けるためにも自身で情報収集を行い、適正な価格で投資マンションの売却ができるように努めると良いでしょう。投資マンションの売却には大きく分けて3つの種類が存在しているので、それぞれの簡易的な特徴を押さえておくだけでも、役立つ知識として活用できるのです。
スタンダードとなっている方法は片手取引と呼ばれる仲介スタイルです。仲介業者を活用して投資マンションの売却を行い、売却価格に応じて仲介手数料を支払う形式となっています。信頼できる仲介業者であれば買い手もスムーズに見つかるというメリットを持っています。また、片手取引では売り手と買い手で別の不動産会社を経由するという特徴もあるのです。これに対して両手取引という仲介スタイルでは売り手と買い手で同じ仲介業者を利用する方法となっています。同じ仲介業者のため、一見するとやり取りはスムーズに進むように思いがちですが、安い価格で市場に出される可能性があるので注意が必要です。そして3つ目の方法となるのが、仲介業者を使わない直接取引です。買い手を自分で探さないといけない、という手間がありますが、仲介手数料を無料にして、尚且つ即現金化できるという大きなメリットを持っているのです。

賃貸物件の運用に効果的

内装

賃貸物件を保有しているが、思うように収益が確保できないパターンがあります。そのように収益が不安定な場合は自分だけで解決しようとするのではなく、サブリース会社を活用してみるのも効果的です。

もっと読む

最新の情報で勝負

男性

賃貸物件を運営していく上で重要となっているのが、ライバルとなる物件の賃料をしっかりとチェックしておくことです。最新の情報を入手できるように、普段から家賃相場を確認しておくのも良いでしょう。

もっと読む